前へ
次へ

強制執行の手続きに入るメリット

お金を貸し付けた債権者である場合、債務者の返済が滞るトラブルが予想されます。
仮に裁判沙汰となっても、相手方の資力などによって、回収が困難になるケースもあります。
そのような場合は、弁護士に相談するのが解決の早道となります。
債権者には請求権があり、相手が自発的に返済に応じなければ、裁判所の訴訟や調停などの手続きが利用できます。
それによって、判決をはじめ和解調書や審判、調停調書を得ることが可能になります。
それでも、相手が請求に応じなければ、判決に基づいた強制執行の手続きに入ることが出来ます。
こうした流れによって、請求権という権利の行使ができるわけです。
最終的な判断に関しては、強制執行に至るまでに費やす費用の額が肝心になります。
その他、裁判に要する時間や労力などを加味して、それでも請求権を行使することにメリットがあれば、弁護士に訴訟手続を依頼すればよいわけです。
基本的に法律は弱者側に立つので、場合によっては想定する判決が出ないこともあります。

名東区にほとんど痛さを感じない歯医者さんがあります

建設業専門保険
事業主・従業員・下請全員に関する保険をご案内させていただきます


ほこりやチリ・たばこの煙やにおいなどを軽減できる脱臭除菌メカニズムを搭載しているため快適な喫煙ブースとなっています。

初心者でも安心のクラスがある教室とは
桜楼会はクラスに合わせて指導を行っています

Page Top